プライベート HP                                                                                                                                                                                                                                                                                                English


東海大学 橋田研究室


先端光ナノ科学研究室


これまでのトピクス

FY2021   FY2022   FY2023                                                              

トピックス FY2024

 

2024/9/29 - 10/4  17th International Conference on Laser Ablation, Crete, Greece

      "Antibacterial effect of periodic structure formed on stainless steel by using femtosecond pulsed laser", (Poster)  M. Okazaki, S. A. Klinich, M. Hashida. A. Iwamori


      "Mechanism of uniform LIPSS formation by two-color double femtosecond laser pulse irradiation on biomaterials",(Oral)  K. Takenaka, .  Hashida, H. Sakagami, S.  Iwamori, Y. Sato, M. Tsukamoto


2024/9/16-20   第85回 応用物理学会 秋季学術講演会 朱鷺メッセ 他2会場

  ”二波長ダブルパルス照射による均一な周期を有するナノ周期構造の形成”, 竹中啓輔,橋田昌樹,坂上仁志,岩森暁,佐藤雄二, 塚本雅裕(口頭)


2024/7/11 ナノドット構造形成に関する成果( J. Phys. D: Appl. Phys. 57 (2024) 385101)プレスリリスされました本研究は大阪産業大学東海大学総科研、京都大学化学研究所、核融合科学研究所の4機関共同により実施されたもので20nm程度の大きさのナノドット構造をレーザー波長の間隔で形成されることを見出しました。原理的にあらゆる材料の表面に形成できることから、生態模倣を始め様々な応用研究を加速することが期待されます


2024/6/24-29  Workshop"Biomedical Engineering”, Varna, Bulgaria

      "Recent progress of laser induced nano structuring  for solar cell production and biomimetics" ,(Invited Talk)  M. Hashida


2024/6/27 K. Hirai, T. Tanaka, D. Tsutsumi, M. Hashida, H. Sakagami, and M. Kusaba ,"High-density nanodot structures on silicon solar cell surfaces irradiated by ultraviolet laser pulses below the melting threshold fluence", K. Hirai et al.,J. Phys. D: Appl. Phys. 57 (2024) 385101 に掲載されました。


2024/6/11-14   LPM2024 (Invited Talk)

      "Laser Induced Periodic Structures: generation and applications", Masaki Hashida, Hitoshi Sakagami, Mitsuhiro Kusaba, Satoru Iwamori, Shigeru Yamaguchi and Shigeki Tokita, San Sebantian, Spain


2024/5/22-23   FY2024年度 日本材料科学会 学術講演会, 早稲田大学早稲田キャンパス,   国際会議場

      "フェムト秒レーザの照射によってもたらされるポリエーテルエーテルケトンの表面組成変化", 村松準記, 菅生拓登, クリニッチ セルゲイ, 橋田昌樹, 岩森暁(口頭)


      "リチウムイオン電池性能向上を目指した紫外線レーザーパルス 照射 によるアルミニウム表面の微細構造形成",蒋 泳涛 橋田 昌樹 岩森 暁(口頭)


      "Surface modification and degradation on Polyimide and Poly ether ether ketone by UV lights and oxygen plasma", Sene Papa Thierno, S.A. Kulinich, Masaki Hashida, Saturo IIwamori (Poster)


       "フェムト秒レーザーの照射によるポリエーテルエーテルケトンの表面形状の変化が細胞接着に及ぼす影響", 菅生拓登, 村松準記, クリニッチ セルゲイ, 橋田昌樹, 岩森暁  (ポスター)


      "酸化亜鉛および酸化亜鉛/二酸化チタンハイブリッドナノ粒子のガスセンシング特性", 袁錦鵬,クリニッチ セルゲイ,橋田昌樹,岩森暁 (ポスター)



2024/4/22-26   OPIC 

  SLPC2024  (The 5th Smart Laser Processing Conference)

        "Nano dot structures on the surface of Si solar cells produced by XeCl and KrF excimer laser pulses", (Poster), Mitsuhiro Kusaba, Kenta Hirai, Tomoyo Takana, Daisuke Tsutsumi, Masaki Hashida, Hitoshi Sakagami


        "Estimation of surface roughness for antimicrobial structure evaluation from the reduction in reflectance", (Poster), Mikuru Okazaki, Masaki Hashida, Satoru Iwamori

   HEDS(High Energy Density Physics) 


         "Control of multiscale expansion/relaxation dynamics of micro-structured designed targets irradiated with high-intensity lasers", (Oral), R. Matsui, N. Hayashi, K. Kondo, K. Matsuda, K. Fukami, H. Sakaguchi, S. Masuno, M. Hashida, S. Sakabe, S. Tokita and Y. Kishimoto


2024/2 「ナノドット構造」は世界を変える可能性を秘めた研究分野”Sheetmetal 2024 年2月号p.6-9出版.


共同研究申し込みについては下記教員へ問い合わせください。

     橋田昌樹

     TEL:  0463-63-4950(ダイヤルイン) 

     TEL:  0463-58-1211 (代表) 内線3667

                  E-mail  hm412473 at tsc.u-tokai.ac.jp   ( atを@に変えてください。)

橋田研に配属された学生はプライベート HPの「11.新入生」の設定をしてください。

尚、プライベートHPへの登録がまだの人は、至急、橋田まで氏名、学籍番号、メールアドレス(大学のメールとgoogleアカウントに登録済みの)を連絡してください。後日googleからメールが来ますので確認・承諾をしてください。尚、Googleアカウント登録がまだの人は登録をお願いします。


東海大学には文部科学省:先端研究基盤共用促進事業の補助により設立・維持・運営している技術共同管理室及び株式会社ニコンインステックによる産学連携包括協定に基づき開設した東海大学イメージング研究センターがレーザー実験室に隣接しており、そこには35台を超える材料分析装置や15台のバイオイメージング機器があります。レーザー照射から分析まで迅速に実施できる環境を利用することで高強度レーザー相互作用及びレーザー微細表面加工について新たな連携を生むだけでなく微細構造形成の基礎、新規材料応用及びバイオ応用研究を加速します。